あそこ 臭い 対策

あそこが臭い方のための対策

あそこが臭いというのは、どのような場合をさすのでしょうか。
鼻を近づけて多少臭うのは普通です。
あそこは分泌物が出るので、まったくの無臭であるはずがないのです。
ただし、普通にしていれば臭わないのに、ビデを頻繁に使ったり、
汗で下着が蒸れると雑菌がはびこってあそこが臭うことがあります。
すなわちあそこが臭うにはそれなりの原因があるのです。

 

怖いのは感染症であそこが臭うこと

感染症はいわば性病ですが、性病に罹るとあそこが臭うことがあります。
感染症は性病ですが、あそこを不衛生にしているとカンジダ膣炎などに罹ります。
したがって、あそこが臭い原因がカンジダ膣炎などの感染症かどうかを
自分で悩まないで、婦人科で調べてもらいましょう。

 

どのような状態かを判別する方法感

カンジダ膣炎に罹ると、あそこから白い塊のおりものがたくさん出ます。
これは自分でもわかりますが、婦人科で治療薬を処方してもらいましょう。
なお、最近は薬局でも同じような薬を購入できます。

 

これ以外で考えられるのはトイレでの常識を守っていないと、
大便などの雑菌で感染することがあります。
すなわち無神経にトイレで用を足してからトイレペーパーで後ろから前へ拭くと、
膣内に雑菌が入り込んでそれが感染症を引き起こすことがあります。

 

ほかの性病であそこが臭くなる

女性が罹る性病はカンジダ膣炎以外にもたくさんあります。
あそこが臭くなる性病には、クラミジア頸管炎、トリコモナス膣炎、淋病などがあり、
共通点ははおりものに色が変わったり増えたりすることです。

 

おりものの色がおかしい、量が増えたたら性病に可能性があります、
あそこに痒みや痛みなどが感じられる場合は、まずは性病に罹っている可能性が大です。

 

性病は自分だけではなく、寝食を共にするパートナーや家族にも
感染するリスクがあるので、必ず婦人科で診察を受けましょう。
なおあそこが臭い原因は性病以外にもありますから、その点は誤解の無いようにしてください。

性病かどうかの検査方法

男女ともにしばしば罹る共通の病気に性病があるのは不思議な事ではありません。
性病は、性行為などで体液や血液が接触すると感染します。
ただしその症状はすぐには現れず、潜伏期間があり、性病の種類も男女で異なる場合があります。
ここで性病の検査方法について説明します。

 

性病検査の種類

性病検査には、尿検査があり、尿中に病原体があるかどうかを調べます。
女性の性病検査では一般的には膣分泌液を調べます。
この検査でクラミジアや淋病、トリコモナスやカンジタなどの感染が判明します。

 

血液検査も重要で、血液検査ではHIV感染症や梅毒のほかに、
B型肝炎ウイルスやC型肝炎ウイルスなど検査できます。
また、喉の検査もあり、水でうがいをして吐き出した水の中の病原体調べることで。
淋病やクラミジアを発見できます。

 

病院や保健所での性病検査

性病検査は病院や保健所でおこなうことが確実で、
自覚症状があるため検査をする場合は健康保険が適用されます。
ただし症状がない時に念のための検査は健康保険が適用されないこともあります。
ちなみに自分の名前を伏せての性病検査が可能ですが、
保健所にあらかじめ確認することをおすすめします。

 

性病検査キットを使用する場合

自宅で検査をする際に便利なのが医療メーカーの性病検査キットです。
これは病院や保健所に行けない人や行きたくない人におすすめです。
なお、性病検査キットは信頼性や価格、アフターケアなどの条件をあらかじめ調べておきましょう。
ちなみに性病検査キットで陰性ならいいのですが、陽性と判断されたら、
病院で治療を受けなければなりません。

 

性病検査キットでの検査方法

性病検査キットには試験管などが郵送で送られてきて、
そこに定められた自分の粘膜や分泌液を入れて送り返します。
しばらくすると検査結果が郵送されるという簡単なものです。
まんこ 臭い 対策